IPO申請後のMYOBの目

オーストラリアのクラウド会計ソフトウェアプロバイダーMYOBは、株式公開(IPO)を申請した後、5月初旬までにオーストラリア証券取引所(ASX)に上場することを検討しています。

同社は、3月中に公開リストが明らかになるとの業界の見通しに続いて、同社のコーポレート・レギュレータであるオーストラリア証券投資委員会(ASIC)にIPOの目論見書を提出したと発表した。

MYOBは、小売および機関投資家向けの提供はAUの総企業価値を表す1株あたりAU $ 3からAU $ 4の指標範囲に基づいて831.7百万豪ドルからAU $ 833.8百万豪ドルを引き上げると予想している同社にとっては23億4000万ドルから26億9000万ドル。

ベイン・キャピタルが現在過半数を所有しているMYOBは、米国に本拠を置く私的資産運用会社は、その株式を売却することはなく、同社の総発行済株式の約57%を保有するとしている最終価格は推定価格範囲の中間点にあります。

ベイン・キャピタルは、2011年にMYOBを2011年にオーストラリアのアーチャー・キャピタルおよびその他の株主から買収した。同社は2009年に会社の買収提案をまとめ、ASXの1999年の上場後に個人所有に戻した。

MYOBのジャスティン・ミルン会長は、「6年間の私有化後にMYOBをASXに戻すことは、株主と顧客の双方にとって大きなチャンスとなる」と述べた。

ミルン氏は、同社は成長戦略を実行するうえで有利だとし、クラウドベースの製品の急速な成長を通じて中小企業および給与計算ソフトウェアにおける地位を築き続けていると語った。

IPOの目論見書提出は、ニュージーランドに本拠を置くクラウドアカウンティングプロバイダーであるXero社との競争が激化する中で、同社がクラウドベースのソフトウェアポートフォリオを増やすために働いているためです。

同社は、2014年までの会計年度に4200万オーストラリアドルを研究開発費として費やし、オーストラリアとニュージーランドの市場に焦点を当て、すべての事業セグメントでイノベーションを推進しました。

MYOBは過去3年間にオーストラリアとニュージーランド市場だけで1億豪ドル以上の研究開発費を投資していたことを以前に示していた。

近年、ベイン・キャピタルのオーナーシップのもと、同社は近年大きな進歩を遂げています」と語るMYOBのティム・リード社長は、次のように述べています。「クラウド・アカウンティング・ソフトウェアを通じて革新的でリーダーシップを発揮するために、

「新しいクライアントと既存のクライアントの両方から急速に普及し、2014年12月31日にクラウドソリューションを使用しているクラウド製品を選択した新規顧客は67%、有料クラウドユーザーは116,000社を超えています。

今回の発表は、ASXとニュージーランド取引所でデュアルリスティングされているライバルのXeroが、現地でデビューしてから5年間、オーストラリアのプラットフォームで20万人の顧客を獲得すると発表した。

Xero AustraliaのマネージングディレクターChris Riddは次のように述べています。「今後数カ月および数年で、従来の会計プロダクトから大幅に多くの中小企業がアップグレードされることが予想されます。

MYOBのように、Xeroはクラウドベースの製品やプラットフォームの開発に多くのリソースを投入しています。Riddは、2014年には400件以上の顧客対応アップデートをリリースしており、今年はこれまでに150件をリリースしました。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大