DBS、マイクロソフト、顧客サービスを強化するパートナー

シンガポール – DBSバンクは、ここに支店の1つに5つのMicrosoft PixelSenseテーブルトップマルチタッチシステムを導入しました。

DBS Bankのコンシューマー・バンキング部門のフランチャイズ担当副社長であるKoh Cheng Hwee氏は、木曜日に開催されたブリーフィングで、インタラクティブ・サーフェス・コンピューティング・プラットフォームを使用して顧客の銀行業務に多大なインタラクティブ性をもたらすことを望んでいると語った。

だから、営業担当者が銀行の製品を宣伝するために様々なパンフレットを見込み顧客に押し出すのではなく、40インチテーブルトップシステム上で複数の当事者に情報をプルアップして表示することができる、とコーは説明した。

DBSはまた、オブジェクト認識機能のためのシステムを選択した、と彼は言った。 PixelSenseテクノロジにより、画面に最大256個のユニークな「シンボル」を検出し、各シンボルに関連する関連情報を取得できます。ブリーフィング中のデモンストレーションでは、銀行の代理人が異なるクレジットカードを貼ってタッチスクリーン上に貼り付け、ポップアップウィンドウが表示され、さまざまなカードと、提供された機能やプロモーションが説明されました。

銀行業務;•モバイル決済、ファインテイノベーション、バークレイズとパートナーシップを組んでいるCommBank、セキュリティー、Hyperburgerプロジェクトはギャングバスターズ、CXO、テクノロジーエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank、国際的な送金のブロックチェインシステムをテストするVisa

Microsoftのエンタープライズおよびパートナーグループの金融サービス業界のアカウントマネージャーBernard Tham氏は、木曜日のブリーフィングでも、PixelSenseシステムにはコンテンツ管理システムが組み込まれているため、製品の情報がすぐに更新されると述べています。これにより、代理人が細部を共有するリスクを排除することができます。

マイクロソフトアジア太平洋のハードウェア担当ディレクター、Jamieson Yu氏は、Pixelsense製品の名称がMicrosoft Surface 2.0であることを改めて指摘しました。これは、現在、「表面」ブランドがソフトウェア大手のタブレットデバイスを宣伝するために使用されているからだと彼は説明した。

ブランド化の変化は、その技術がどのように使用されているかをよりよく把握するのにも適しています。静電容量方式のタッチスクリーンとは異なり、Pixelsenseは光を使ってタッチや物体に反応して反応するビジョンベースのシステムです。

同氏は、DBS Bankが調達したシステムはMicrosoft Pixelsenseを搭載したSamsung SUR40で、14,900シンガポールドル(12,112米ドル)で販売されていると指摘した。しかし、顧客は通常、システム用のカスタマイズされたアプリを必要とするため、実際の価格はさまざまだと付け加えた。

地方銀行は、シンガポール国立大学のリミックス銀行支店に5つのシステムを導入しています。リミックスの枝は若者を対象にしており、NUS支部は今年9月に開設された、とコは述べた。

Yu氏によると、PixelSenseのDBS展開はアジア最大規模の展開の1つであり、ホスピタリティや観光、自動車、教育などの他の業界もこのテクノロジーを実装しています。

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

Hyperledgerプロジェクトはギャングバスターのように成長しています

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

国際送金のブロックチェインシステムをテストするためのビザ