Bromiumは企業のサイバー攻撃と戦うために4000万ドルを調達

3歳の米国のコンピュータセキュリティ会社、Bromiumは、今朝、企業がサイバー攻撃と戦うのを助けるソフトウェアの開発と販売を続けるために4000万ドルを調達したと発表した。

ホワイトハウスが連邦最高情報セキュリティ責任者を任命、セキュリティ、国防総省によるサイバー緊急対応の批判、セキュリティ、HTTP接続を安全でないと表示するChrome、セキュリティ、Hyperledgerプロジェクトがギャングバスターのように成長している

この資金は、Meritech Capital Partners、Andreessen Horowitz、Ignition Partners、Highland Capital Partners、Intel Capitalの援助を受けています。カリフォルニア州クパチーノに本拠を置くスタートアップは、これまでに約7600万ドルを調達しています。

同社のvSentryテクノロジーは、マイクロ仮想マシンのエンドポイントでユーザータスクをハードウェアで分離する「マイクロ仮想化」という概念に基づいています。 Bromiumによると、この技術は企業のアンチウィルス企業が提供する従来の検出ベースのセキュリティ手法よりも効果的であり、マルウェア攻撃の意図をよりよく理解できると主張しています。

共同設立者兼最高経営責任者(CEO)のGaurav Bangaは、「今四半期に収益を倍増させ、国際展開を加速し、開発チームを強化する計画だ」と述べた。

MeritechのRob WardがBromiumボードに参加します。

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ChromeがHTTP接続に安全でないとラベル付けを開始する

Hyperledgerプロジェクトはギャングバスターのように成長しています