Brandisは2014年までデジタル著作権審査に乗ります

オーストラリアの法律改革委員会(ALRC)の条項の具体的な勧告にもかかわらず、政府はデジタル世界における著作権のための柔軟なフェアユース制度を採用する可能性は低いと指摘している。

ホワイトハウスが連邦最高情報セキュリティ責任者を任命、セキュリティ、国防総省によるサイバー緊急対応の批判、セキュリティ、HTTP接続を安全でないと表示するChrome、セキュリティ、Hyperledgerプロジェクトがギャングバスターのように成長している

先週、ALRCは、デジタル世界に適応するための著作権法への提案された変更について年間報告書を政府に提出した。このレビューは、2012年8月に旧労働党政府から委託を受け、オンラインでの適用方法がより柔軟になるように著作権の仕組みを調整する可能性を検討しました。

ブラディス氏は2月まで議会で報告書を作成する予定で、木曜日には政府が2014年に報告書に応じると述べた。

Brandisは上院質問時間で、著作権侵害に対する防衛として柔軟な公正使用例外の導入を勧告し、いくつかの既存の免除の改正と新しい免除の追加を推奨していることを明らかにした。また、孤児雇用と改正放送免除の著作権侵害の救済を制限することを推奨している。

しかし、この報告書は著作権法の改正を主張しているが、法律への変更を制限するという点でコンテンツ産業を支援すると述べている。

「強力で堅牢な著作権法がなければ、創造性に対する公平な補償を騙される危険があり、これは妥当なものであり、オーストラリア政府は引き続きそれらを守るだろう」と、ブランデス氏は述べた。

私は、コンテンツ産業に対する政府のコミットメントを再確認したいと思います。コンテンツ制作者の権利を保護する知的財産法の基本原則は、単に新しいメディアや新しいプラットフォームの出現によって変化していないという政府の強い見方です。

Brandis氏は、知的財産の原則はインターネットの発明によって変わらないと述べた。

「この変化するデジタル世界では、ALRCレポートに対する政府の対応は、コンテンツ所有者とコンテンツ制作者の権利が縮小されるべきではなく、彼らの知的財産権から恩恵を受け続ける権利があるという見解によって通知される」彼は言った。

以前は、3ストライクシステムの導入を視野に入れて、オンライン著作権侵害の撲滅のためのシステムを実装するために、コンテンツ所有者、消費者団体、ISPとの円卓会議を再構築しようと努めました。交渉の最後のラウンドは2012年にあり、その後復活しなかった; iiNetは参加を拒否した。

司法長官は、ISPに新たな交渉に参加するように依頼したかどうかを確認することを拒否した。 11月現在、ウェブサイトは、多くのISPが依然として政府からの招待を受けていないことを理解している。

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ChromeがHTTP接続に安全でないとラベル付けを開始する

Hyperledgerプロジェクトはギャングバスターのように成長しています