青少年はサイバー嫌がらせを心配し、助けを得ていない

世界中の青少年はサイバー攻撃を心配しているが、両親や学校はそれに対処するために十分に働いていないというMicrosoftの調査結果が明らかになった。

月曜日に発表された調査によると、54%の子どもがオンラインでいじめを心配しているか、多少心配しており、86%がオンラインやオフラインでいじめを受けていると認めています。この調査は、中国、インド、日本、マレーシア、シンガポールなど25カ国で、今年1月11日から2月19日までオンラインで行われ、8歳から17歳の7,600人以上の子供を調査しました。オンラインのいじめや残虐行為に “めちゃくちゃ”。

平均して、各国では、回答者の37%が、オンラインでのいじめとみなされたり、悪影響を及ぼしているオンライン活動の対象となっていたと回答しています。 19%は「平均的または非友好的」治療を経験したと回答し、20%は「楽しくやった」と答え、18%が平均的な名前と認められた。

人口動向をみると、女の子は55%、オンラインでいじめを心配する傾向が強く、57%でオンラインでいじめを心配していた。 13歳から17歳の子供たちは、オンラインでいじめの可能性が43%と高くなりましたが、オンラインのいじめに関する知識が豊富で、オンラインでのリスクはそれぞれ69%と51%でした。

回答者は、この問題について親と話したいという願望も示したが、彼らの29%だけが両親がオンラインで自分自身を守るための措置を講じると述べたと述べた。

調査によると、回答者の両親の39%がオンラインマナーを教えており、30%はオンラインでいじめを受けているかどうかを尋ねた。回答者の半数だけが両親がオンラインリスクについて話していると回答し、44%が両親がコンピュータ使用状況を監視していると回答しています。

同様に、学校政策と教育の面でも、23%の人が学校にはオンラインのいじめに対処する正式な政策があり、37%はオンラインのいじめに関する教育を受けていると答えただけです。

マイクロソフトの信頼できるコンピューティング担当ディレクターのジャクリーン・ベーケーレ(Jacqueline Beauchere)氏は、「子供たちは親、介護者、教師など、信頼できる大人になることができることを知る必要があります。ステートメント。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、