閉鎖されたインターネットは、ウェブ上に「第二種市民」を創造する

長期的には、限られたインターネット生態系を持つ国々は、インターネット社会に参加することができないため、市民が「第二種市民」になるため、経済的に苦しむことになるだろう。

先週、アジア太平洋地域インターネット・オペレーション・カンファレンス(APRICOT)に出席するシンガポール訪問中のウェブサイトによると、インターネット協会の社長兼CEO、リン・アムールは、彼女の最大の恐怖は、相互に知識や情報を交換することができないため、オープンインターネットとクローズドインターネットの両方でユーザーを傷つけるインターネット。

聖アモールは1998年に組織に加わった後、2014年2月に辞任することになりました。彼女にとっては難しい決断でしたが、彼女はインターネット事業で15年から16年は “長い時間です”と指摘しました。組織に変更を加える

私たちは、次世代のインターネット社会に着手しようとしています」とCEOは言いました。彼女の靴を満たす人は、「インターネットに5年から15年の間、完全にコミットしている」人です。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

彼女のインタビューで、アムールは彼女がインターネット社会に参加して以来、インターネットにとって最も大きな変化であると感じたこと、インターネットがまだどんな課題に直面しているのか、閉じたインターネットの生態系がどのように国家に不利益をもたらすのかを共有した。

あなたは1998年にインターネット協会に参加しました。それ以来、インターネットの最大の変化は何だったと思いますか?アムール: “最も大きな変化はアプリケーションの規模だった。スカイプ、その他のWebアプリケーション、電子商取引、ソーシャルメディアなどを見れば、インターネットが促進されていることがわかったが、 。

しかし、私たちが確かに最も失望していることの1つは、いかにゆっくりと展開したかです。まだ接続されていない世界に50億人の人々がいる。

インターネット社会が直面している課題の中で、私は、国際電気通信連合(ITU)がどのようにインターネットをよりコントロールしようとしているのかを読んだ。あなたはどうですか?ITUはある程度、インターネット空間でその場所を見つけることを合法的に試みています。すべてのインターネットは、すぐに電話網を介して配信されます。

ITU加盟国と呼ばれる多くの加盟国は、かなり多くの国民が信じており、電話業界でどのように役割を果たしているのかと同様にインターネット上で役割を果たすべきです。

私たちの懸念事項は次のとおりです。インターネットは電話の世界ではありません。基本的にアーキテクチャと構造が異なります。それは非常に分散しており、ネットワークそのものは単純であるためすべての技術革新が端的に起こるようになっています。つまり、誰でもアプリケーションを作成してリリースすることができます。私たち一人一人が私たちのために働くものと、そうでないものとを選ぶことができます。これがOKである場合、またはそのアプリケーションが問題ない場合は、レギュレータまたはサービスプロバイダを経由する必要はありません。高度に規制されていない場合は、あなたが望む価格を設定することができます。

将来の電気通信の世界で彼らの役割を見ようとしているところには、いくつかの合法性があります。私たちの懸念事項は、電話機モデルをインターネットに適用しようとするときです。

インターネットはまだ展開中です。 20年前、今日のアプリケーションのいくつかを推測することはできませんでした。

インターネットに対する最大の恐怖は何ですか;それはかなり少ないです。開いていなければ、グローバルではありません。それは、他の個人が貢献する可能性のあるものすべてをオープンインターネット上にまだ残している人々を奪うものです。また、他のすべての個人の富を奪い、私たちが持っている知識と情報にアクセスします。

最終的には、インターネット網が閉鎖されている国。彼らの国々は苦しみます。彼らは経済的に苦しみ、彼らの市民はオープンなグローバルインターネットに参加している人たちの第二の市民として苦しみます。

政府のインターネット監視の方がはるかに多い国がたくさんあります。

政府のインターネット制御に関する話題。私は、政府が望んでいる中国やインドなど、アジアの国々の例を見ています。インターネットを制御したり、ソーシャルメディアを監視したりしています。これは文化的な問題だと思いますか?それぞれの国がインターネットをどのように見ているかを見たい場合は、今話したWCIT(国際電気通信会議)を見てください。プロポーザルを書いた国は、ロシア、サウジアラビア、中国、その他多くの国からのものでした。これは、インターネット協会の国家観ではありません。それはかなり広く知られています。

インターネットで過度に制限されていると、最終的に市民と国の経済成長に害を及ぼします。

私は最終的に、制限的なインターネットが市民に害を与えるかもしれないと思う。しかし今、中国を見ると、地元の企業が盛んで、外国の競合企業は市場に参入できないため、たとえば、FacebookやTwitterはブロックされていますが、中国の企業は革新的であり、コンセプトを取り入れて自分のものに変えます。中国が引き続きインターネットを閉鎖すれば、これは持続可能だと思いますか?しばらくの間、中国はそれを維持することができます。それは常に彼らを支えてきました。中国はかなり驚異的な成長を遂げています。アジア諸国のほとんどはかなりの成長を遂げています。しかし、私は長期的には不利になると思います。

私はそれが変化の問題であり、変化のペースだとも思っています。私は地理的にも地方でもいくつかの分野で考えています。インターネットで何か起こっていることが聞こえると、彼らの最初の考えはかなり可能性があります。「サイバーポリシーまたはサイバー法が必要です。

実際、インターネットはまったく別のコミュニケーションツールです。その規模とペースによって、いくつかのものが異なっています。しかし、何かが物理的な世界で犯罪または違法であった場合、それに関連する罰がありました。彼らはまず、物理世界で何が起こるのかを調べ、それがオンライン世界にどのように適用できるかを理解する必要があります。

私はインドの例を考えていました.2人の女の子がFacebookのポストのために逮捕されました。コメント者は、記事が新聞の一番上のページにあったとしたら、それは起こっていないだろうと言っていた。

データプライバシーの話題に移行するにあたり、Facebookのような企業では、ユーザーがプライバシーを喜んで放棄しています。しかし、Instagramのバックラッシュもあります。長期的にはユーザーは引き続きプライバシーを守ると思いますか?私たちは、信頼、アイデンティティ、プライバシー、データ保護に非常に関心があります。私たちは、人々が自分のデータに対して何が行われたのかを知るべきであるという観点から来ています。

オープン性と透明性が重要です。多くのサービスがやっていないことのうちの1つは、まだ行われていないことですが、データで何が行われたかについては透明性があります。 「Xはあなたのデータに行われ、あなたがデータの使用/表示/集計を妨げる権利を持っています。それを実現させるにはここをクリックしてください」

ユーザーは、データに対して何が行われているのかを理解し、理解し続ける必要があります。インターネット協会には、「無料の価格を理解する必要があります。サービスは無料だと思うかもしれませんが、あなたのデータが採掘され、他の誰かがそれから利益を得ている、通常は経済的だと思います。

また、一部の商業サービスでは、人々がデータを資産クラスとして話しています。何かが資産の場合、暗黙の価値があります。そして価値があるなら、交換がすべきです。その交換は商業的または経済的である必要はなく、より高い帯域幅である可能性があります。たとえば、マーケティングのためにデータを使用していますが、多少の帯域幅や価格の割引を私に与えることはできますか?

私たちのデータが資産であるという考えから始めれば、資産が取引または交換される場合、価値交換が行われるべきです。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、