機器の故障を予測するための大きなデータ? IBMははいと言います

IBMは今朝、Predictive Asset Optimization製品の中で、機器の故障を予測して防止するための新しいソフトウェアとサービスパッケージを発表しました。

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

アイデア:製造プロセスの遅れや失敗を避けるために、計装された資産の不規則性を特定し、それらの潜在的なリスクを計算するために、大雑把な概念である大きなデータを使用します。

ほとんどセクシーな話題ですが、その影響は大規模です。サプライチェーンに減速(または完全な停止)がある場合、その損失は直ちに増加します。これは非常に高速かつ効率的であるという欠点です。操作がレールから外れたときに速度が戻ってくることがあります。

(Crisis、Financial; 2008版を参照)。

潜在的な損傷はもちろん、問題の製品に依存します。サプライチェーンの中断が、腐敗しやすい品目を生み出す会社、たとえば大きな食料品店にとってどれほど恐ろしいかを想像することができます。 1つの減速、そしてあなたの倉庫に食べ物の食べ物のパレットがあり、潜在的な収入の何百万ドルも毎分蒸発しています。

IBMは、生産ラインの資産にセンサーを導入し、流出する液状金データを分析することにより稼働時間を改善できると考えています。数字に分析的な洞察を適用することで、致命的な障害を回避するだけでなく、障害を回避するだけでなく、追加コストを避けることも重要だとIBMは言う。その緊急保守が運びます。

道路、橋、給水システム、下水道、電気グリッド、テレコムネットワークのすべてがその見通しです。ファクトリーは単なる工場ではなく、自動車からエレクトロニクス、輸送から通信まで、世界経済の最大のセクターにまたがっています。一部の場合は災害の回避、他の場合はカスタマーサポートの節約(製品保証など)です。

新しい機能は、オハイオ州コロンバスにあるIBMの新しい高度な分析センターを通じて提供されます。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任