日立データシステムズ、大手データアナリスト企業ペンタホを買収

日立データシステムズ(HDS)は、オープンソースのビジネスインテリジェンスと分析会社、ペンタホを買収している。

ストレージ事業で最もよく知られているHDSは、大きなデータと物事のインターネットに移行すると見られるように、Pentahoを採用しました。買収額は発表されていないが、報道によれば、価格は500〜600百万ドルの間であるとの報告がある。

Pentahoは2004年にCEOのRichard Daleyによって創設されました。現在CEOのQuentin Gallivanに代わって2011年にチーフ戦略オフィスに就任しました。 Gallivanは、Googleが2007年に買収した管理セキュリティ会社Postiniと、Teradataが2011年に買収した大型データ会社のAster Dataを含む、退出に至った他の企業もベンチャーキャピタルを約7000万ドルで調達している。

自動車からハート・モニター、ストップライトまで、インターネットに接続するオブジェクトの増加は、データ収集、予測分析、IT自動化の新しい可能性を切り開いています。私たちは、これらの新生の解決策をタップする方法について議論します。

Pentahoは、オープンソースのビジネスインテリジェンスソフトウェアのプロバイダとして、またCassandra、MongoDB、HBase、HDFS、HiveなどのHadoopおよびNoSQLデータベースのデータを企業が統合し、そのデータをモデリングとレポート作成を支援する消化可能な視覚化。

HDSはPentahoブランドを維持し、そのユニットを「社会革新とグローバル産業」ユニットに配置します。

HDSの親会社である日立は、HDSの米国CEOであるJack DommeをHitachi Americaの新しいチーフに任命しました。

この動きは、油圧ショベルから自動車システムやエスカレーターまで、ソーシャルイノベーション事業の拡大を目指す新しいグローバル経営戦略の一環です。

「ソフトウェア、サービス、深い業界の専門知識、複雑なソリューションを立ち上げるために必要なコンサルティングなど、ソーシャルイノベーションソリューションを提供するために、日立の企業全体で専門知識を活用することで、グローバル成長を迅速に加速することができます。世界をより健康的に、より安全に、より安全にしながら、顧客が勝つのを助ける」と語った。

物事のインターネット

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

ARM、オランダのスタートアップ、Offsparkを「物事のためのSSL」に取り組む; Ubuntuが物事のインターネットのためのOSになりたい;物事のインターネット:政府がより詳しく見るようになる

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO