中小企業はシンガポールのデータ保護法違反の可能性が高いですか?

シンガポールは、2012年10月15日に個人情報保護法(PDPA)が可決され、初めてのデータ保護のマイルストーンに達しました。

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

データ保護はシンガポールの企業にとっては異例のことではなく、銀行、医療、電気通信部門はすでに何らかの形でデータ保護法が施行されています。しかし、これは、政府を除いて、すべての業界を横断する最初の一般的なデータ保護法を表しています。

非常に早く、国会の議員は、資源を持つ大企業は新しい法律を容易に処理できると警告しましたが、小規模な企業はコストを負担することになります。そのような主張に真実はありますか?

これに答えるために、シンガポールが最初のコンクール法を通過した2004年を振り返らざるを得ません。競争法は、すべての産業を横断する一般的な法律の同様の部分であり、執行が根絶する前に移行期間があり、多数の当事者が調査のために牽制された。

調査された執行決定を見て、モデリング機関、医療従事者、外国の家事労働者機関、バスツアー会社、害虫駆除業者、エンジニアリング下請け業者などが明らかになった。人口統計によれば、大企業よりも地方の中小企業が競争法違反の影響を受けやすくなっています。

PDPAとの類似点は、この脆弱性の人口統計は今度は変わっていないことを示唆している。なぜ非現実的、規制された、そして非プライバシーの規制された環境でも、地元企業が快適に働いている理由を理解することは難しくありません。一般的な法律の導入は、ステーキハウスで働くために菜食主義者を雇うことに似ています。

PDPAの導入を円滑化するための措置として教育と協議が挙げられているが、これは競技法の導入時にも行われた。

今回は十分でしょうか?さもなければ、シンガポールの多くの企業を待つことに文化的ショックがあります。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい