ビッグデータの取得:エンタープライズに関するすべて

去年の10月に、私は起こった14種類の大規模なデータ収集について書いた。その記事では、取引をグループ化し、いくつかの傾向を選んだ。いくつかのケースでは、買収企業は雲を構築していました。別のケースでは、従来のデータウェアハウスベンダーが、大きなデータ技術をスタックに追加しました。別の例では、プライベートエクイティが足を踏み入り、オープンソース企業がさらに商業化した。財務リスク管理会社とメディア会社は、財務リスク管理会社とメディア会社がそれぞれ独自の分析技術会社を買収したことから、

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

また読んでください:14のビッグデータの買収とその理由

私はその記事を書いて以来、いくつかの他の取引が発表されています。 Microsoftは12月にMetanautixを買収し、SAPは2月にRoambiを買収し、Tableauは3月にHyPerを買収した。ちょうど先月、Teradataはイギリスの会社Big Data Partnershipを買収したと発表し、WorkdayはPlatforaを買収すると発表しました。

また、読んでください:マイクロソフトでは、ビッグデータ分析ベンダーMetanautixを買収しました;また読んでください:TableauはHyPerを買収し、ミュンヘンにR&Dセンターを追加しました。また読んでください:Platfora

さらに進める前に、完全な開示のために、ウェブサイトでの私の作業に加えて、Platforaの旧来の競争相手であるDatameerのマーケット戦略とインテリジェンスのシニアディレクターであることを指摘しておきます。そのことを念頭に置いて、私はWorkday-Platforaの取引については、高いレベルでしか話しません。

以下の5つのお得な情報を見てみましょう。最初は赤面で、お互いにはかなり違って見えますが、一緒に結びつけるという大きなテーマがあります。

M&M; MicrosoftのMetanautixの買収は、後者の「Quest」製品の周りにあり、多くのデータストアに統一されたSQLインターフェイスを提供できるようだ。 GoogleのDremel技術やApache Drillのように、QuestはSQL-on-Anythingゲートウェイを提供しており、Cortana Intelligence Suite全体で明白なユーティリティを提供することができます。 Questは、データベースに加えて、文書やファイルを照会することができます。だから、想像を絶するだけで、Microsoft Officeの “ボット”インターフェースに電力を供給するのに使われていることさえわかります。

同社を買収することで、マイクロソフト社は、Googleのデータ・コグノセンティであるMetanautixのCEO、Theo Vassilakis氏を再雇用することもできた。元のDremelの論文は、Metanautixを開始する前にGoogleでVassilakisによって共著されました。 Vassilakisは現在、MicrosoftのAzureデータパートナー開発マネージャーであり、Googleの在任期間以前にはMicrosoft Researchでも働いていました。

TableauはHyPerを取得していますが、Microsoftはエンジンを手に入れてその才能を雇う唯一の会社ではありません。 TableauのHyPerの買収により、主要なメモリ内ハイブリッドOLAP / OLTPデータベース技術にアクセスできるようになり、製品の高速化に役立つ可能性があります。それはまた、ヨーロッパでエンジニアリングの存在を確立する努力の中で、アクワイヤルであったかもしれない(HyPerはドイツの会社だった)。

SAPはローミングしています; SAPのRoambiを買収すると、そこに興味深い内部ループがあります。同社は2006年にBusiness Objectsが買収したデータ視覚化企業であるXcelsiusの共同創業者を含むチームによってMeLLmoとして設立されました。SAPはBusiness Objectsの2007年の買収を発表し、2008年に契約を締結し、Xcelsius SAPの傘。

SAPの所有権の下では、Xcelsiusは牧草地に置かれているように見え、SAP Crystal Dashboard Designと呼ばれるものに変わっています。しかし、Roambiの買収は、Xcelsius / MeLLmoチームのデータ技術に対するSAPの2番目のチャンスと思われる。

Roambiは、モバイルデバイス上でデータの可視化を提供することに専念していました。アウトプットは美しいものでしたが、ニッチの機会はあまりありませんでした。 SAPはこの契約の条件を明らかにしなかったが、資産購入であり、売却価格がかなり低いという噂があった。一方、SAPの旗艦型ERPビジネスについて考えると、大きなモバイルビジュアライゼーションの話題を持ち、それを格安価格で入手することは意味があります。

ERP-分析プロットは濃くなりました;エンタープライズソフトウェアにビジュアルアナリティクスを追加するというテーマは、Workday-Platfora契約にも引き継がれているようです。主要なソフトウェア会社が重要な分析を所有して埋め込みたいと思うような場合には、IPは非常に論理的だと思われます。 10月の記事で触れたZendeskのBIソフトウェアベンダーBIME Analyticsの買収は、このグループにも適しているようです。

Teradataはサービスを望んでおり、Teradataのロンドンに本拠を置くBig Data Partnershipの買収は少し難解です。もちろん、Teradataは既に多くの取引を行っており、10月の記事で3つをカバーしました。 Teradataの2014年後半の買収は、大規模なデータコンサルタントであるThink Big Analyticsの買収であり、Big Data Partnershipの契約はそれをうまく収めています。実際、ビッグ・データ・パートナーシップは正式にThink Bigに折り畳まれています。

なぜTeradataはサービスを1回だけでなく2回実行するのでしょうか?最終的には、それはエンタープライズの販売につながるように見えます。大きなデータを実装し、それを成功させることはまだ難しく、経験豊かなコンサルティング・ショップ/システムインテグレータ(SI)は、エンタープライズ顧客が自信を持って前進することを可能にします。それは、ツールと技術を推奨するのに最適な位置にそれらを置きます。したがって、管理が可能な規模は小さいが地理的に分散したサービス組織を持つことは、実際にTeradataにとって非常に役に立ちます。

エンタープライズの宇宙船ここで議論した様々な取引を振り返ってみると、そのうちの1つを除くすべての企業にとっての共通の課題は企業だと思われます。 Microsoft Azureの場合はエンタープライズクラウド、SAPとWorkdayの場合はエンタープライズソフトウェア、エンタープライズコンサルティングとセールスのいずれの場合でも、Teradataの場合、調査した5つのうち4つはエンタープライズをスタンプしているようですそれらのすべての上に。

成長したいソフトウェア企業は、エンタープライズに役立つ企業になる必要があります。だからなぜTableau-HyPerの取引は本当にパターンに合わないのですか?私は確信していませんが、企業の焦点が不足しているため、Tableauが3四半期連続で収益目標を達成できなかった理由が少なくとも部分的に説明されています。

また読む:TableauはQ2の結果が混在しているが、引き続き新規顧客を引き付ける

多分、Tableauの次のプレイは企業をターゲットにするべきだろう。

訂正:このポストは、もともと、Tableauが3四半期連続して収益目標を達成できなかったと述べています。その期間に収益目標を達成できなかったことを示すために更新されました。

行政の進行中のサイバーセキュリティ努力は来週改訂されるが、まだ欠けているのは詳細と進歩である

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任