シマンテック、アジアで急増している

シマンテックの東南アジア担当システムエンジニアマネージャー、アドリアン・サム(Adrian Tham)氏は、2005年上半期の中国におけるこのような「ボット感染」システムの数は140%以上増加したと同氏は語った。ウェブサイトアジア。

ホワイトハウスが連邦最高情報セキュリティ責任者を任命、セキュリティ、国防総省によるサイバー緊急対応の批判、セキュリティ、HTTP接続を安全でないと表示するChrome、セキュリティ、Hyperledgerプロジェクトがギャングバスターのように成長している

しかし、アジアではボットに感染したコンピュータの数が増えているにもかかわらず、世界中で侵害されたシステムの総数の20%以下を占めていたという。

シマンテックのシンガポール支店長Edward Lam氏は、世界中のボットネットが増加していると指摘しました。同社の第8回年次インターネットセキュリティ脅威レポートによると、今年の上半期の「ボット」の数は、2004年下半期の5,000人未満から1日あたり10,352人に増加しました。このデータは、世界各地に24,000を超えるセンサーがあります。

しかし、2004年上半期と比較して1日当たり30,000以上のボットが検出されたのに対し、これは大幅に減少しました。

ボットネットは、脅威にさらされたPCのグループで、ネットワークごとに数千に上り、スパムを中継したり、DoS攻撃を開始したり、他の悪質な行為を実行するためにレンタルされています。

ハイジャックされたシステムの台数では、ソウル、北京、台北の3都市が世界のトップ10にランクされています。アジア太平洋地域ではソウルが24%、北京が17%、台北が14%だった。

韓国と日本の少なくとも2カ国は、ブロードバンド普及率の上昇を見せている.Tamが提案したのは、侵害されたシステムの増加の背後にあるものだ。

ボットに感染したネットワークの主な機能であるDoS(サービス拒否)攻撃は、上半期に680%以上増加しました。 2004年6月から12月までの平均攻撃回数は1日あたり平均で119件でしたが、1日あたり平均927件でした。

先行攻撃:シマンテックの報告によると、アジア太平洋地域での上半期のトップ攻撃は、Generic TCP SYN Floodと呼ばれるDoS攻撃でした。これは、Slammerワームが過去4回のレポート期間でトップの攻撃スポットを占めていたグローバルなシナリオとは対照的です。

さらに、アジア太平洋地域の多くの国々がこの地域の治安攻撃の主体であったことが、アジア太平洋地域のセンサーから得られた情報から明らかになった。

シマンテックは、米国がアジア太平洋地域の感染したシステムに対する攻撃の主要なホストであり、全体の42%を占めていることを発見しました。オーストラリア、中国、台湾、シンガポール、香港、フィリピン、韓国も上位10位に入った。

Tham氏によると、Symantecはボットネットの数が来年より増加すると予想しており、攻撃がより洗練されるようになると警告している。

シンガポールから報告されたアジアのウェブサイトのVivian Yeo。

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ChromeがHTTP接続に安全でないとラベル付けを開始する

Hyperledgerプロジェクトはギャングバスターのように成長しています