シスコは、アプリケーション中心のネットワーキングについて、SDN

シスコは、アプリケーションとソフトウェアを中心としたデータセンターネットワーキングアーキテクチャの概要を説明しました。この動きは、ソフトウェア定義のネットワークに対する答えです。

大規模なデータ、ビデオ、クラウドコンピューティングの急速な増加は、より高速で効率的なネットワークに対する大きな需要を推進しています。ソフトウェアで定義されたネットワーク(SDN)や新しい無線技術がビジネスの変革を可能にしているかどうかを掘り下げます。

具体的には、シスコはクラウドコンピューティングとデータセンター管理を統合するように設計されたApplication-Centric Infrastructureというアーキテクチャを概説しました。このアーキテクチャは2013年の後半に展開されます。

アプリケーション戦略は、シスコのInsieme Networksへの投資を中心に展開されています。シスコの戦略は、オープンでプログラマブルで自動化されたインフラストラクチャと、幅広いパートナーエコシステムの開発を中心に展開しています。

物理的、仮想的、クラウドのインフラストラクチャのためのオープンプラットフォーム、システムのホリスティックな統合、共通のポリシー管理フレームワークと運用モデル、オープンソースのオープンソースと幅広いエコシステムベンダーの

シスコのアプリケーション重視のインフラストラクチャは、次の

ブログ記事では、Cisco CTO Padmasree Warrior(右下)が注目しました

私たちは、インフラストラクチャーのサイロを統一するだけでなく、アプリケーションとインフラストラクチャーのギャップを埋めることができるときに、将来の需要に対応します。このファブリックは、異種のシステムを統合する上で非常に重要です。論理的な次のステップは、アプリケーションのデプロイメントとパフォーマンスのコンバージェンスです。

Warriorは、アプリケーション中心のアーキテクチャとソフトウェア定義のネットワークとの距離を広げました。彼女は言いました

SDNは、規模、プログラム性、集中管理、自動化を提供することで、新しいアプリのニーズを満たすことを約束しました。しかし、これまでのSDNは、ネットワークの古いモデルを模倣しているため、アプリケーションのニーズを満たすことができません。物理的でも仮想的でも統一されていません。フローベース(個々のネットワーキング要素に焦点を当てる)であり、オブジェクト指向ではありません(すべてのITリソースの構成可能なシステムを作成します)。これは、独自の標準モデルによって制約されているため、動的な集中管理ポリシー管理プログラムを提供することはできません。

シスコでは、マルチテナントネットワークに対応できる動的ファブリックオートメーションを含むように、Nexusルーティングポートフォリオのアップデートを追加しました。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

また、プロビジョニング、ネットワーク自動化、ファブリック管理用にオープンなAPIを追加しました。シスコではPrime Data Center Network Manager 7.0ソフトウェアとネットワークサービスコントローラのアップデートについても説明しました。

ハードウェア面では、シスコは10スロットと18スロットのシャーシを備えた新しいNexus 7700シリーズスイッチの概要を説明しました。スイッチは7月に出荷され、新しいI / Oモジュールは後半に提供される予定です。

同社は、火曜日のCisco Liveで、新しいCatalystスイッチの概要と、Cisco ONEエンタープライズネットワークアーキテクチャへの追加についても説明しました。これは、SDNへの当社の答えです。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、