シスコ、モバイルワーカーのUCライセンスを変更

シスコではユニファイドコミュニケーションライセンスの販売方法を変更しており、モバイル人材の増加に柔軟に対応できるよう選択されています。

シスコの統一コミュニケーションプラットフォームおよびエンドポイントのシニアディレクター、Roberto De La Mora氏は、シスコのブログで、人々の作業の仕方が変化し、必要なコラボレーションツールも変化していることを理解することから得たものだと述べています。 ”

一部の従業員はまだ本社の机の背後から仕事をしている人もいれば、オフィスと外出先の間で時間を分けている人もいれば、最高のソフトウェアコラボレーション製品にアクセスできる「フルモビリティ」が必要な人もいますコーヒーショップ、飛行機、ホテルの部屋などどこでも仕事ができます。

まず、シスコは現在、ソフトウェアオンリーライセンスオプションを提供しています。これは、シスコのUC製品を実際のソフトウェアプラットフォームとして管理および展開できることを意味します。ユーザーは、PCからタブレット、スマートフォンまで、主要なコミュニケーションツールとしてコラボレーションツールを選択できます。

主流の情報ワーカーのための標準:コール制御、ボイスメッセージ、統合クライアント、中規模から大規模企業向けのプレゼンス、モバイルワーカー向けのEnhanced / Enhanced +:Cisco Jabberモバイルの標準オプションのすべて、「パワーユーザー」のプロフェッショナル上記のすべてに加えて、ビデオ、オーディオ、Web会議、コンタクトセンター機能など

さらに、新しい顧客はすべて、シスコの新しいエンタープライズライセンスマネージャーを使用する資格があります。これは、ライセンスの使用状況をよりよく把握できるように設計された無料のアプリケーションです。

最後に、Ciscoには現在3つのレベルのUCライセンスがあります。ここにスナップショットがあります

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート