クレイのタイタンシステムは、スーパーコンピュータの王冠を取る

Oak Ridge National Laboratoryは、CrayとNvidia技術で構成されたTitanというシステムを搭載した最速のスーパーコンピュータを持っていました。

Top500スーパーコンピュータリスト(ギャラリー)のタイタンの塔

具体的には、TitanはLinpackのベンチマークで17.59ペタフロップ/秒(四捨五入、毎秒計算)のCray XK7システムです。 Titanには、261,632のNvidia K20xアクセラレータコアを含む560,640プロセッサが搭載されています。

この結果は、月曜日のSC12スーパーコンピューティング会議で発表される予定です。

全体として、23システムにはPetaflop / sの性能があり、62システムはNvidia GPUを使用して計算を高速化し、7はIntelのXeon Phiプロセッサによって加速され、84.6パーセントは6コア以上のプロセッサを使用します。 Top500システムの76% AMDはシステムの12%を占め、IBMのパワー・プロセッサーはパイの10.6%を占めており、IBMは上位10社のシステムのうち6社、上位100社は32社であり、IBMはトップ500に192社、HPは149社、 30時にクレイ。

Titanは、IBM BlueGene / QシステムであるSequoiaをNo.2にぶつけた。SequoiaはLawrence Livermore National Laboratoryに設置され、6月に第1位になった。 Sequoia — 16.32; Petaflop / s —は1,572,864のコアを持っています。トップ5の残りの部分は、日本の神戸にある富士通のKコンピュータ、アルゴンヌ国立研究所のミラと呼ばれるBlueGene / Qシステム、そしてドイツのユルシッヒのForschungszentrum JUUUEで名前を挙げたBlueGene / Qシステムが含まれています。

デルはまた、PowerEdgeサーバとインテルのXeon PhiプロセッサをベースにしたシステムであるStampedeで上位10位に入った。 Stampedeはオースティンのテキサス大学に設置されています。

地理的には、米国には上位500のシステムのうち251のシステムがあり、アジアのシステムには123システムがありました。ヨーロッパには105のシステムがあります。中国には72の高性能コンピューティングシステムがインストールされています。

注目すべき詳細

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合