キヤノンレーザーショットLBP5360レビュー

LBP5360カラーレーザーはCanonの最新プリンタです。最近、同社のマシンが良質の出力を出していますが、インストールの容易さという点では幾分欠けています。

テスト手順;プリンタを評価する際に、印刷速度、印刷品質、使いやすさ、および構築を考慮します。

速度:カラーとモノクロの両方のモードで、機械の最高速度(平らな印刷、モノクロのテキストを5%のカバレッジ)、平均マシンスピード(画像とさまざまなフォントと色が含まれています)を評価するために標準文書が使用されます。ピーク時の1分あたりのページ数に対するプリンタの処理時間のように、スピードの計算にスプール時間は省略されています。

品質:標準ファイルは、すべてのEnex TestLabプリンタテストで使用される標準ハードコピーに対して印刷され、評価されます。試験、グラフィックス、写真は、色の濃さ、コントラスト、段階的な色合い/色合い、線の細かさと位置付け、色の境界の扱いについて評価されます。

建設:私たちは設計と実装の面で工学的品質を見ます。

使いやすさ:ドキュメントの品質やメニュー機能など、製品の使用可能性を判断します。

製品の性能; LBP5360は、ネットワーク対応のデュプレックスプリンタで、USBポートとパラレルポートの両方が付属しています。それは、スピードと効率を重視して、忙しい中小企業向けに設計されています。灰色と白の曲線でスタイルされていますが、それは合理的に魅力的なマシンですが、悲しいことに、製造プロセスは、不本意な手を掴むために鋭い角を残しています。

キヤノンはまた、メニューのナビゲーション中に貧弱な情報を提供する1行のLCDで悩まされました。 2行表示は、この機械のユーザビリティを大幅に向上させることができました。逆に、トナーの交換や紙詰まりの除去などのメンテナンスを容易にするアクセスパネルがあります。基本ユニットには250ページの紙引き出しがあり、500枚の引き出しにアップグレードすることができ、さらには手差しトレイも装備しています。

色のテスト中に、色が洗い流され、赤は少しオレンジ色になっていました。このプリンタは、水平および水平のバンディングがわずかで、色合いおよび色合いが良好であった。時折、カラーカートリッジの相対的な位置合わせが少しずれてしまった不適当な色の帯が見られましたが、写真の再現は非常に良いです(淡いですが)。アライメントの問題は、重要なモアレパターンを見つけた細かいラインパターンでも明らかでした。テキストの品質は非常に高かった。

Michael Palamountainについて

5%のページカバレッジを仮定すると、ユーザーは1ページあたり約6000ページ(約3.6セント/ページ)を期待することができます。比較的小さなカラーレーザープリンタでは非常に合理的な結果になります。キヤノンは、カートリッジケーシングだけでなく、PETプラスチックで製造されている他の多くの内部部品を使用して、環境にやさしい製品を作っているようです。さらに、両面印刷を行うことができれば、オフィス用紙の使用量を大幅に削減することができます。

ドライバインターフェイスは使いやすいレイアウトになっており、両面機能を補完する「ブックレット印刷」や、さまざまなテキストやグラフィックスアプリケーションの5つの品質設定など豊富なオプションが用意されています。残念ながら、ユーザーインターフェースのインストールは簡単ではありませんでした。インストールディスクには、完全に一致していないソフトウェアとマニュアルが含まれていて、マニュアルが辛うじて必要でした。自動検索機能を使用して正常にインストールできませんでしたが、結局のところ、Windows XPに私たちにそれを依頼しました。

評決;私たちはインストールプロセスが複雑であることを発見しました。バイヤーには、インストールディスクを無視し、Windowsにドライバーをインストールさせることを推奨する傾向があります。お使いのコンピュータのGUIは、一度インストールするだけで使いやすいですが、プリンタ自体のメニューは直感的ではありません。

インストール後、プリンタは優れた印刷結果を得ました。キヤノンは1分間に最大21ページの印刷を約束しています。両面印刷は印刷速度にほとんど影響を与えません(また、両面印刷の場合は速度が半分になるプリンタがあります)。また、カラーで印刷するとスピードに悪影響を及ぼすこともありません。

私たちは印刷品質が非常に良好であることを発見しました。キヤノンを扱う際に何度も何度も見つけたことです。機械の較正によって改善されなかった色の非常にわずかなミスアライメントがあったが、これはたまにしか見られなかった。ライン/テキストの品質は非常に良好であり、陰影部分の縞模様は深刻ではありませんでした。色の境界は一般的に良好でした。コントラストやスキントーンのハンドリングは優れていました。色は少し強かったかもしれません。

キヤノンは基本的な12ヶ月間の基本保証を提供しており、必要に応じて延長保証が提供されています。 Canonでは、ドライバーのアップデート、トラブルシューティングのガイド、マニュアルのオンラインアクセスを提供しています。

ほぼ2000ドルの値札を与えれば、セットアッププロセスがややバギーであってもいいですが、これは良質のプリンタであり、小規模なオフィスに非常によく役立ちます。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン