キヤノン、ロボットを使ってコストを削減

日本のエレクトロニクス企業キヤノンは、生産ラインで産業用ロボットの使用を増やすことで、今後4年間で少なくとも4,000億円(4,400億ドル)のコスト削減を計画している、と報告している。

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

キヤノンは、産業用ロボットの使用を増やして、トナーを作成し、一眼レフカメラ用の交換レンズの製造に導入する予定であると、ロイター通信が報じた。

同社のコスト削減策は、円高や欧州の景気減速の影響を減らすことを目的としている、と同報告書は指摘している。キヤノンは、日本の通貨建ての好調な業績は、営業利益を前年に比べて1000億ドル(11億2000万米ドル)を若干下回ると考えている。

同社は、2015年に5兆円(605億米ドル)以上の売り上げを目指し、2011年12月末より41%増加するとの見通しを示した。

日本の会社はコスト削減策としてロボットに最初に回ったわけではありません。 Foxconnは昨年、工場労働者を100万台以上のロボットに置き換えると発表したという。

アジアのウェブサイトの過去の報告書では、賃金や政府規制のコスト上昇が、アジアの製造業者に人間の労働者をロボットで置き換えるよう促すと考えていた。しかし、労働グループは、企業が従業員給付よりも利益を上げていることを示していると訴えている。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する