アップルは、中国のアプリストアからポルノを削除するように命じた

Appleは、中国当局から、中国のApp Storeを通じてアクセス可能な猥褻コンテンツを削除するよう命じられた。

国営の報道機関新華社通信の報道によると、198人の犯行犯の中で、ポルノや違法な出版物に対する全国的な事務所がクパルティノに拠点を置く企業と名付けられた。

現在までに、政府部門は合計21のWebサイトを閉鎖し、175人の犯罪者にコンテンツの削除を命じたと付け加えた。

アップルCEOのティム・クック氏は公式の公式謝罪を発表したが、中国の同社製品に関する十分な補修・保証のポリシーはなかった。これは、中国メディアの批判に応えて、アップルのリターン・ポリシーと地元メディアとの「傲慢」のために会社を叩きつけた。

ちなみに今週早く、Appleの帰還方針を利用して5人が中国で逮捕された。彼らは実際のもののために偽の部品を交換し、新しいiPhoneを建て、販売するために後者を使っていることが分かった。

中国市場はクックにとって重要な意味を持ち、中国は最終的にアップル最大の市場となり、米国を上回っています。

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ホワイトハウスが連邦最高情報セキュリティ責任者を任命、セキュリティ、国防総省によるサイバー緊急対応の批判、セキュリティ、HTTP接続を安全でないと表示するChrome、セキュリティ、Hyperledgerプロジェクトがギャングバスターのように成長している

ChromeがHTTP接続に安全でないとラベル付けを開始する

Hyperledgerプロジェクトはギャングバスターのように成長しています