アップル、Facebook、Google、マイクロソフト、他の人たちは、米国政府の透明性向上のために

AOL、アップル、Facebook、Google、マイクロソフト、ヤフーなどの20を超えるテクノロジー企業は、国家安全保障局のPRISMスパイスキャンダルを受けて、より透明性を高めるよう、米国政府への手紙に署名した。

国家安全保障局の「PRISM」プログラムは、ソーシャルネットワークや電子メールアカウントに限らず、リアルタイムで情報を収集することができます。しかし、スパイ代理店に「バックドア」を開くと非難された7つのハイテク企業は、無実であることが分かりました。

元NSAの請負業者が執行猶予をかけて以来、エドワードスノーデンは、米国政府とその外国の同盟国が市民をどのように偵察していたかを詳述した多数の文書を漏らしてきたため、多くのテクノロジー企業は共謀と協力の主張から遠ざかっている。

下にも読むことができる書簡[PDF]は、オバマ政権に、インターネットプロバイダー、通信事業者、Webベースの企業が手渡す顧客と加入者のデータに対する政府の要請の件数を正確に開示できるようにするものです。

Googleは2010年初めにこの傾向を始め、他の人々はそれに従った。マイクロソフトは、今年初めにトレンドに参加する最新の企業、プライバシーグループからの圧力の後になった。

しかし、企業は連邦当局によって伝えられた国家安全保障手紙の「ギャッギングオーダー」の全額を公表することは許されていない。代わりに、番号範囲の報告のみが許可されます。

書簡ではまた、政府は、これらの技術企業やその他の企業が、ビジネス記録や個人のユーザーデータを含むすべての「具体的なもの」を要求しているPatriot Act第215条の下で要求された要求の詳細と、Section FISA(Foreign Intelligence Surveillance Act)702、およびこれらの企業がこれらの数値を公表することを現在禁止しているその他の関連法令に基づいている。

また、議会は、FISA裁判所の許可を最初に求めなくても、米国政府にこれらの数字を正確に報告させる法律を可決するよう求めている。

ホワイトハウスが連邦最高情報セキュリティ責任者を任命、セキュリティ、国防総省によるサイバー緊急対応の批判、セキュリティ、HTTP接続を安全でないと表示するChrome、セキュリティ、Hyperledgerプロジェクトがギャングバスターのように成長している

また、両社はホワイトハウスの「We The People」プラットフォームにグループ請願を開始した。

同連合には他の技術企業も含まれていますが、民間自由権とプライバシー団体(米国民主連合(ACLU)や電子フロンティア財団(EFF)など)も含まれています。

ヤンゴンの弁護士のロン・ベル氏は、「民主主義は説明責任を求め、責任は透明性を必要としている」と木曜日のブログ記事で語った。

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ChromeがHTTP接続に安全でないとラベル付けを開始する

Hyperledgerプロジェクトはギャングバスターのように成長しています